クリスマスってキリストの誕生日ではないの!?キリストとサンタクロースの関係は!?煙突と靴下の由来

この記事は2分で読めます


一般的にクリスマスというのはイエス・キリストの誕生日として知られています。


また、サンタクロースがやってきてプレゼントをおいていってくれる、
というのも一般的な共通認識としてあげられるでしょう。


さて、クリスマスの代名詞ともいえるこの二人、何か関係があるのでしょうか?




Sponsored Link






クリスマスはキリストの誕生日ではない!?



「クリスマス」という名前の本来の意味は
「キリストの誕生祭」であるのですが
実はイエス・キリストの誕生日が明記された
書物は見つかっていません。


では、どうやって決まったのかというと
これは、キリスト教の関係者が後から決めちゃっただけなんですね笑


なんで12月25日なのかというと、
かつてのローマ文化で
その日から日が長くなる=太陽の誕生日
という理由で冬至のお祭りを12月25日に祭る習慣がありました。


ここに、キリスト教が伝わってきて、
キリストの誕生=太陽の誕生として12月25日をクリスマスとした訳です。


サンタクロースとクリスマスの関係

ではサンタクロースという人はどのように
クリスマスに関係しているのでしょうか


サンタクロースは、
元々聖ニコラオスというキリスト教の聖人です。


「サント・ニコラオス」が英語で訛って「サンタクロース」になった訳です。


彼の聖人たる所以は、物や金貨を与えて多くの貧しい人々を
救ったというところにあります。


この、聖ニコラオスの日が12月6日と定められており
今でもヨーロッパの各地ではこの日に贈り物をしたりするそうです。


その文化が、アメリカに渡ったときに
冬至のお祭りと引っ付いて
今のクリスマスになった訳です。


つまり、キリストとサンタクロースは
両者ともキリスト教の関係者ではあるものの
元々ほとんど関係のない、
赤の他人なんですね笑



煙突と靴下の由来

サンタクロースは
煙突から入ってきて
靴下にプレゼントを入れて帰っていく



というイメージが強いですが
これは何に由来するものなのでしょうか?


実は、サンタの元の人、聖ニコラオスの
逸話に由来するものなのです。


ニコラオスが最初に貧しい家に
贈り物をしたとき、
彼は真夜中に煙突から金貨を投げ込む
といった方法をとりました。


その金貨は、そのとき暖炉に下がっていた
靴下に見事ホール・インし、
翌日の朝、その靴下をはこうと
手に取ったその家の娘は
身売りから免れることができたんです。


サンタクロースからのプレゼントは
夜中にこっそり置かれている、というのも
ここからきているんですね。


これが、クリスマスの靴下と煙突の由来です。




いかがしたか?
幸福なクリスマスにまつわるエピソードや由来は
やはり幸福なもののようです^^


それではみなさん
メリークリスマス!

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 焼き芋
  2. パンケーキ3
  3. 牛乳
  4. ツイッターアイコン
  5. 注射器
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link


おすすめカテゴリー記事

  1. チョコレートクランチフラペチーノ
  2. LINE

一息迷路

ちょっとオセロタイム