総選挙・握手会は中止か!?AKBのこぎり男襲撃事件後の対応は?

この記事は2分で読めます


 


(※この記事はAKBグループの今後の方針が
公表され次第随時更新されていきます。)


皆さん、昨夜のAKB48のメンバーが握手会にて
のこぎりを持った男にきりつけられる
という恐ろしい事件から一晩がたちました。



Sponsored Link






事件の発生の昨日
公演後に行われる予定だったハイタッチ会は
中止になったわけですが、
今後のイベントはどうなっていくのでしょう?



「会えるアイドル」をキャッチコピーに
長らく握手会を目玉イベントとして
行ってきたAKBグループですが、
今回のような事件が起こってしまっては
今後「ファンと実際に触れ合う」ような
企画を行っていくのは難しいようにも感じられます。


特に現在行われている最中の
AKBグループ年に1度の最大のイベント
AKB総選挙については
このまま続けるべきなのか
今回は(もしくは今後も)中止すべきか
という議論が活発に行われています。


本日の午前にAKBグループ元総支配人の戸賀崎智信さんの
Google+にこのような投稿がありました。


オープン当初より『会いにいけるアイドル』をコンセプトにこのプロジェクトをファンの皆様と創りあげていく中で、メンバーもスタッフも1番大切にしていた、『握手会』でこのような許し難い事件が起きたことに強い憤りを感じますが、今回の事件が起きてしまった以上、抜本的な改革をしなければならないと思っております。

(引用元:https://plus.google.com/103388469578205010447/posts)


この事件を受けてのAKBグループの運営側の対応が気になるところですが

メンバーの不安の中で握手しても
ファンとしても本意ではないだろうし、
運営側も警備の厳重な強化を手早く迫られる中、
イベントを開催していくのは
リスク・コストてきにも難しいので、
運営・メンバー・ファンの全てに対しての
最大幸福を考えると、
当面のところ握手会は行わないことが
濃厚とも考えられます。


しかし、実は、運営・メンバー・ファンのそれぞれにとって
握手会や公演などのイベントを行っていきたい理由も、
実はそれぞれあります。


それには現在総選挙のまっただ中であることが
多分に関係してくるのですが、


まず、運営側の視点に立ってみると
はっきり言っていまは「かき入れ時」に
他なりません。


ファンに自分の推しメンを応援してもらい、
お金を落としてもらうためには
イベントの実施が必須になってきます。


メンバーの立場に立ってみると、
現在の総選挙の順位を少しでも良くするために
ファンサービスをしたくて仕方のない時期でしょう。
ブログやSNSの更新のネタにも注意を払う必要が出てきています。


ファンからすれば、
今までに握手券のために買ってきた
大量のCD代金が水泡と化す可能性がある&
自分の推しメンにあうことのできる機会が減る
という意味ではイベントの中止は残念極まる者になるでしょう。


以上を考慮すると、
「イベントを中止した上でファンの納得のいく補償措置をとる」
ことが現在のAKBグループの運営に求められる措置といえるでしょう。


総選挙の扱いが最も難しくなってくるのは確実と言えるかもしれません。

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 戸賀崎
  2. 真野姉妹
  3. にながわみか
  4. 藤崎翔
  5. 小野麻子3
  6. テレビ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link


おすすめカテゴリー記事

  1. おぼっちゃん
  2. にながわみか
  3. 松井珠理奈母親共演CM

一息迷路

ちょっとオセロタイム