西村雄一(審判)のプロフィール!年収や身長と経歴・出身大学は?

この記事は2分で読めます




W杯の開幕戦!!いよいよ明日の早朝にキックオフです!!


いやー、、楽しみです!!


今回のこのワールドカップの最初のホイッスルを吹く人物
つまりこの開幕戦(ブラジルVSクロアチア)の主審が日本人に決定しました!!!




Sponsored Link





その名も西村雄一さんです!!
今回はその西村さんについての特集記事です。


西村雄一のプロフィールと経歴

西川雄一
名前:西村雄一(にしむらゆういち)
生年月日(年齢):1972年4月17日(42歳)
職業:サッカー審判員
出身地:東京都
出身高校:東京都立新宿高等学校
出身大学:日本電子工学院専門学校
前職:サラリーマン
身長:181cm

経歴としては工学系の専門学校を卒業した後、
サラリーマンをしながら、アマチュアの試合の審判をしていて、
1999年から1級鵜審判員としてJFA(日本サッカー協会)に認められたようです。


大学は卒業してないようですね。


サッカー自体は小学生のころからクラブチームでやっていたみたいです。
卒業文集にはプロになるのが夢だってかいてあったそうですよ。


その後2004年にFIFA認定のプロフェッショナルレフェリー(スペシャルレフリー)となりました!


このプロフェッショナルレフェリーは
世界で5万人ほどいるらしいのですが、
そのうち日本人は14人です。


サッカーの審判って本当に大変で、
選手は11人でボールを追っているのに対して、
主審は1人で追わないといけないですからね
当たり前ですけど笑


40メートル走が6.2秒以内
でないとワールドカップの審判にはなれないっていわれています。


ちなみに西村さん、ワールドカップには
前回の大会から出場しています。


前大会では4試合で審判を務めました。



西村雄一さんの年収

西村さんは世界でもトップレベルの審判ということで
年収は2000万円程度といわれています。


ちなみにワールドカップに審判として
出場する報酬としては
こなした試合数に関わらず、
アサインされただけでまず数百万円支払われ、
更に試合数に応じた歩合が支給されます。


ちなみにこの歩合は主審を1試合
すると10〜15万程度といわれています。
(西川さんクラスの審判の場合)


西川雄一は見た目も中身もイケメン

ちなみに隠れファンの多い
イケメンと一部の界隈では有名です笑
西川雄一

身長も181cm、年収2000万以上、更にイケメンときて、
これ以上完璧泣ことなんてない気がしますが、
実は、この男、これだけではないんです笑



プロのレフェリーとして十分に活躍している
今もなお、様々な試合に対応するため、
また、日本サッカーの発展のために、
中学校などの試合で、レフェリーをしたりしています。
しかもボランティアで!!!(笑)


(笑)ですよ。もーーー本当に。
これ以上ないと思った完璧超えちゃってますもん、この人笑
笑うしかないですよもう笑


なにはともあれ、日本人のホイッスルで幕が開く
ワールドカップ、楽しみでしょうがないです!!


Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 山城大智
  2. 永谷暢章
  3. 国母
  4. 尾田恭平1
  5. 武藤嘉紀
  6. 渡部兄弟
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link


おすすめカテゴリー記事

  1. 武藤嘉紀
  2. 早慶戦チアポスター
  3. 吉村真晴

一息迷路

ちょっとオセロタイム