チューブ液体?粉末?地域差や世代差、カフェイン微量の低カロリーで妊婦さんも安心! 学校給食のミルメークとは通販でも購入可能!?

この記事は2分で読めます


きんたんの地域では学校給食でミルメークという、
牛乳にまぜてその牛乳の味を変えるものが出てきていました。
例えばコーヒー味とかイチゴ味などがメジャーだったような気がします。


Sponsored Link





しかし、このミルメーク、地域によっては給食に出てこなかったりするのだとか!!
自分の中ではミルメーク=給食のイメージだったのでこれにはかなり驚きました笑



また、ミルメークというのは粉末の顆粒で牛乳に混ぜるものだと思っていましたが
なんと液体状のものもあるのだとか!?



ちょっと気になって調べてみました^^

粉末タイプか液体タイプか

ミルメークは発売当初(1967年)粉末のもののみの販売でした。
当時は給食の牛乳といえば瓶



でしたが次第にパックの牛乳
普及していったのにあわせて、1978年にストローの差し込み口から注入できる
液体タイプのものが発売され、いまではどちらも学校給食で出されているようです。



ですから、粉末タイプのものしか知らない、、、
ということの原因は地域によるの差の他に世代による差もあるのかも知れません。

ミルメークが普及している地域

さて、ミルメークが学校給食で出てくる地域、出てこない地域があるのは前述の通りですが
そこに何かしら意味はあるのか!?といった疑問なのですが、、



まず、ミルメークを販売しているのは大島食品工業という名古屋市の会社です。
というわけで愛知県はやはりミルメークの消費量が多いですね。



ほかに多い地域といえば長野県、千葉県、岡山県などのようで
意外と東京都や神奈川県、埼玉県ではあまり普及してないみたいですね。



普及している地域出身の自分からすればミルメークの話をだして伝わらないと
なかなかにショックなものですが、結構よくある現象みたいですね^^;

ミルメークの買い方

この懐かしのミルメーク、久しぶりに口にしたい、という方も多いのでは!?
かくいう自分もそうです。
牛乳嫌いの自分とってはミルメークはまさに救世主でしたから笑



地域にもよりますがミルメークは最近では
スーパーなどに並べられていることもあります。
また、楽天市場やアマゾンなどの通販でも購入可能です。

ミルメークのカロリー・カフェイン

甘い牛乳をさらにあま〜くするミルメーク。
おいしくなるのはいいけれど、いれるだけで
どれ程カロリーが変わってくるのか知りたい所ですよね笑



これは味の種類によって異なるようで、
例えばコーヒー味だと1袋31kcal
イチゴ味だと1袋19kcalです。



また、牛乳調味料としては珍しくカフェインは微量です。
なので1日に1〜2杯くらいならば妊婦さんでも
赤ちゃんに影響はない程度です。
コーヒー好きの妊婦さんにおすすめです^^

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. LINE
  2. サンタ
  3. チョコレートクランチフラペチーノ
  4. 銭形警部
  5. ツイッターアイコン
  6. 新垣隆
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link


おすすめカテゴリー記事

  1. チョコレートクランチフラペチーノ
  2. LINE

一息迷路

ちょっとオセロタイム