冬季オリンピックにアフリカや南米の熱帯の国は参加するの?メダルは?

この記事は2分で読めます


4年に一度のウィンタースポーツの祭典
冬季オリンピック


世界中の国からアスリートが集い、
フィギュアスケートやスノーボードハーフパイプ
スキージャンプなど華やかな競技が目白押しです。


ここできんたんは気になってしまいました・・・


Sponsored Link






「暑くて雪のない国って冬季オリンピックに参加するのか・・・?」


夏季オリンピックの競技は気候の影響を受けずに
行えるスポーツのような印象ですが
冬季オリンピックの競技、つまりはウィンタースポーツって
雪や氷のある地域でしかできないものが多い気がします。


という訳で調べてみました!!


南国の冬季オリンピック参加

初めて温暖な気候の国が冬季オリンピックに参加したのは
1928年にスイスのサンモリッツで開催された第二回冬季オリンピック
メキシコのボブスレーチームでした。


意外にはじめのほうの大会から参加はあったみたいですね。


いや、でも冬季オリンピックの歴史が浅いことを
よく考えればそんなに驚くべきことでもないかな^^;


第一回冬季オリンピックが1924年
新しかったこと自体には驚きましたが笑


しかしメキシコはかなり暖かいと言える地域ですが
厳密には熱帯気候に分類されておらず、正しく熱帯国とは言えません。


熱帯国として初めて冬季オリンピックに参加したのは
フィリピンのアルペンスキー選手で
その大会は1972年に札幌で開催された第十一回冬季オリンピックでした。


熱帯に分類される国の出場は今までで累計24カ国です。


最近はグローバル化の流れからか少しずつ増え始めているようで
ブラジルは1992年から2010年まで6回連続出場を果たしています。


が、やはり全体における熱帯諸国の割合は依然として低く
全体の参加国数に対する熱帯の参加国数の割合は
2010年のバンクーバーオリンピックでは  8.5%
2006年のトリノオリンピックでは     10%
2002年のソルトレイクシティでは     12.8%
となっています。


南国の選手の冬季オリンピックでのメダル

熱帯気候に属する国の選手が冬季オリンピックで
メダルをとった数ははなんと今までで0です。

これを南半球という括りにすると
初のメダルは
1992年にアルペンスキー女子回転で
ニュージーランドのアンネリーズコバーガーが銀メダル


初の金メダルは2002年に男子・ショートトラックスピードスケート1000mで
オーストラリアのスティーブン・ブラッドバリーです。


このスティーブンの金メダルは
ドラマチックなエピソードもあるので是非動画をご覧ください^^




かれはこの決勝戦への進出も
準決勝で先着だった選手の失格による
繰り上がりだったようで、
その強運には驚かされます^^


冬季パラリンピックにおける熱帯諸国

オリンピックとあわせて開催される
パラリンピックでは
熱帯国の選手として出場した選手は
ウガンダのトフィリ・キブッカ選手1人のみです。


暑い国のウィンタースポーツ事情

気候が温暖な国ではやはりウィンタースポーツはマイナーで
冬季オリンピックといえども
テレビでのLIVE放映などはなく
ニュースでチラッと流れるだけ
であったり
新聞でも三面記事的な扱いであったり
するところも数多くあります。


また、練習するのにかなり遠くまで
行かなければならなかったり
練習設備を整えるのにも
その充実や維持にかなりのお金がかかります。


よって、ウィンタースポーツは
お金持ちのエリートスポーツ的な扱いを受ける国もあります。


熱帯の国には経済的に貧しい国が多いというのも
これに関連する理由としてあげられるでしょう。

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 尾田恭平1
  2. スノボ
  3. マラソン
  4. 西川雄一
  5. 安楽智大
  6. 森川陽太郎
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link


おすすめカテゴリー記事

  1. 武藤嘉紀
  2. 早慶戦チアポスター
  3. 吉村真晴

一息迷路

ちょっとオセロタイム