恵方巻きでしゃべってはいけない理由と豆まきとの順番と関係

この記事は2分で読めます


おにはーーーーそと!


ふくはーーーーうち!


節分にはこのにぎやかなかけ声とともに
豆まきをするのが日本の習わしですよね。


また、最近ではしゃべらずにひとつの方角を向いて
黙々と太巻きを完食する、という恵方巻きの風習も定着しつつあります。


このふたつ、同じ日に行う行事なのに、一方は賑やか、もう一方は静かと
かなり対称的な感じがしますが、何か関係があるのでしょうか?


豆まきの方のかけ声は、まだ何となく意味が分かるんですけど
みんなが同じ方向を向いて喋ってはいけないって・・・
恵方巻き、結構シュールな文化ですよね笑


今回は恵方巻きで喋ってはいけない理由と
節分、豆まきと恵方巻きの関係とその順番についての記事です^^


我が家の恵方巻き

恵方巻き

僕の家では普段、テレビを見ながら家族で夕食を
食べるのですが、恵方巻きを食べる節分は
結構厄介な行事でした笑


普段は家族でお喋りをしながらテレビを見て
食事の時間を過ごしているのに
その日だけは皆がだまって
テレビでお笑い芸人がバカやってる音だけが
部屋に響くって言う状況がおかしくっておかしくって笑


必ず2、3回は誰かが吹き出してしまうんですね笑


また、恵方の方角によっては
目の前にテーブルがなく、
体の向きは変えられないので
飲み物をとるときに手探りになって
こぼしちゃったり
・・・笑


そうなっちゃうと我が家では
恵方の方角を向くのは中断して
テンヤワンヤになっていました笑



そんな家で育ったからか
子供の頃からしゃべってはいけないことに
かなり疑問を持っていました笑


恵方巻きで喋ってはいけない理由

さて、気になる喋ってはいけない理由なのですが
いくつか説があります。


・願いを込めながら食べている途中に喋ると雑念が入るから
・喋ると言葉と一緒に運気が口から逃げてしまうから
・太巻きは男性のシンボルなので歯をたてないようにするため(笑)



などですね。


恵方巻きと豆まきの順序


スポンサードリンク