ドラマSHARKあらすじ!ジャニーズWEST発表効果で視聴率アップ?!

この記事は2分で読めます


大晦日のジャニーズカウントダウンライブで
4月にCDデビューが発表された
ジャニーズWEST4でしたが、
桐山照史(24)、中間淳太(26)、重岡大毅(21)、小瀧望(17)の4名
のメンバーのジャニーさんへの直談判により、
新たに濱田崇裕(25)、神山智洋(20)、藤井流星(20)の3名が加入し、
7人体制で始動することが発表されました!



Sponsored Link





なんとも深イイ話ではありますが
この当初メンバーでなかった3人は
かなり悔しい思いをしたようです。


そんな彼らがデビューのかわり(?)に
あてがわれていたのが
日本テレビの土曜日深夜枠のドラマSHARKの出演です。
このドラマ、主演ではありませんが、この三人全員が
メインキャストとして出演しています。


ジャニーズWEST効果で視聴率アップ!?

しかしここで
ジャニーズWEST4のデビュー発表は12/31
ドラマの開始日時が1/11
そして今回の新メンバー発表が2/5であったことを考えると、
寧ろこのドラマの視聴率を延ばすために
今回の発表があったのではないかという噂まででてきそうです。



今まで全4回放送分の平均視聴率が
2.13%ですから、この発表を受けて
どのように視聴率が上がるのか楽しみです。



そんなドラマSHARK、ストーリーはどのようなもの
なのでしょうかあらすじをまとめてみました。


SHARKのあらすじ

レコード会社「ワンダーレコード」の
新人開発部の小松一加(山下リオ)に見出され、
メジャーデビューを間近に控えていた
5人組のロックバンド「SHARK」だが、
バンドのカリスマボーカル和月(藤井流星)が
バイク事故によってこの世を去ってしまう。


残されたメンバー
キーボード:竜崎歩(松村北斗)
ドラム:里見憲三(岩本照)
リードギター:萩原海(濱田崇裕
サイドギター:足立哲平(神山智洋
でバンド活動を続けてはいたが、
カリスマボーカルを失ってしまった
SHARKからはファンがどんどん離れていってしまっていた・・・

もう一度奮起するために新しい魅力のある
ボーカルを探していた一加だが
会社の後輩・美紅の結婚式に突然乱入し、
歌いはじめた倉田瑞希(平野紫耀)の歌に心を奪われる。


そこでSHARKに瑞希を勧誘するところからはじまり、
SHARKのメンバーはもがきながらも、
真っ直ぐに少しずつでも前に進んでいく・・・
という青春ストーリーです。

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 岡部磨知
  2. 小野麻子3
  3. 宮澤智4
  4. スクリーンショット 2014-04-28 10.26.05
  5. スクリーンショット 2015-03-17 1.20.52
  6. 大島・鈴木夫婦
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link


おすすめカテゴリー記事

  1. おぼっちゃん
  2. にながわみか
  3. 松井珠理奈母親共演CM

一息迷路

ちょっとオセロタイム