引っ越しのときの郵便、転居届の期限が切れたらどうなる?延長可能?

この記事は2分で読めます


春が近づいてきて引っ越しを考えられている方も
多いのではないでしょうか?


引っ越しの際に意外と面倒なのが
定期的に、または、不定期に郵便物が届く機関に
今まで旧住所で登録していたのを、
新住所に登録し直すことです。



Sponsored Link





そんなときに便利なのが
日本郵便の「転居届」というサービスです。
このサービスは希望日(引っ越し予定日)から
旧住所に届く郵便物を新住所に
転送してくれるというサービスです。


僕も先月引っ越しをしたのですが
現在このサービスを利用しています^^

転居届の期限

しかしこのサービス、転送してくれる
期間に1年という限りがあります。


ここで注意したいのが、この1年という期限は
「希望日(引っ越しした日から1年」
ではなく、
「転居届を申請した日から1年」
であるということです。


つまりこの1年の間に
自分の住所が変わったことを周りに知らせたり
登録している旧住所を新住所に更新する必要があります。



期限が切れたらどうなるの?

では、この1年の期限がきれたあとに
旧住所の自分あてに届いた郵便物は
どうなってしまうのでしょうか?


新住所に転送されなくなり、
そのまま旧住所に届けられるのかと
思ってしまいますが
実はそうではありません。


ではどうなるのかというと、
転居届の期限が過ぎたあとに
旧住所あてで出された郵便物は
差出人に返送されてしまいます。


何故そうなるのかというと
転居届が提出されたた時点で
転居者の名前が、旧住所から消されてしまうんですね。
1年の転送期間の間は
「特別に」新住所に転送されるのですが、
その期間が過ぎてしまうと、
旧住所に自分は住んでいないことに
なってしまうので、
「宛先不明」となってしまうからなんですね。


転居届は延長可能?

「もう転居届の期限が過ぎちゃう!
 けどまだ新住所に更新してないものがある!
 どうしよう!??」


となってしまった方はご安心ください。
転居届はもう一度同じように申請することで
延長することが可能です。



転居届は申請する回数に
限度などはないので
1年毎に毎年申請していれば
特に郵便物を取りこぼすことはありませんが、

やはりできることなら
ちゃんと期限内に新住所に更新しておきたいですね。


僕も面倒くさいなと思いつつ
ちょっとずつやっていくことにします^^;




Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. マラソン
  2. パンケーキ3
  3. サンタ
  4. LINE
  5. ツイッターアイコン
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link


おすすめカテゴリー記事

  1. youtube
  2. フォトショマツコ
  3. 非亜祭り

一息迷路

ちょっとオセロタイム