妊婦のための雪道の歩き方!靴用滑り止めで転倒防止!?違い歴然!

この記事は2分で読めます


今日は本当に雪が凄いですね^^;


こんばんは。きんたんです。


東京には二十年ぶりの大雪が降っています。


普段雪の降らない地域に住んでいて
雪道に慣れていない人は危ないですよね。



Sponsored Link





僕の母は今日は外で転んでしまって、
足下が不安だったので
出先で長靴を買ったと言っていました。


僕も今日駅からの帰り道、
前を妊婦さんが歩いていたのですが、
後ろから見てるだけでヒヤヒヤしてしまいました^^;


僕たちは慣れてないので、
雪道でも転びそうになってしまいますが
雪のよく降る地方に住んでいる人は
転んだりしないのでしょうか、、
何か歩き方に違いやコツがあるのか・・・


特に妊婦さんなんかは
転んで衝撃が胎児に影響してしまったら
本当に大変
ですからね。
あるとすれば是非とも女性には
マスターしてほしいものです。


ちょっと気になって調べてみました。


雪道で転ばない歩き方




コツをまとめと補足をしておくと

1.歩幅は小さく
歩幅は小さい方が、重心移動(体の揺れ)
小さくすみ、転倒しにくいようです。



2.靴の裏全体を地面につける
かかとに重心がかかってしまうと滑りやすいので
足の裏全体を同時に地面につけるようにして歩きます。
地面に垂直に足を落とすイメージですね。



3.膝をのばしきらない
膝をのばしきってしまうと、
バランスを崩してしまったときに
足が棒の様になってしまい、
体勢を立て直しヅラいので危険です。



4.姿勢はやや前かがみ
姿勢をやや前屈みにして
目線は足下の3m先あたりにおきます。
こうすることで、足下に注意しながら
バランスを保ちやすい体勢でいることができます。



また、歩き始めや、歩く速さを変えるとき、振り返ったり
体勢を変えようとするときなどは重心が移動するので
滑ってバランスを崩しやすい
ので注意しましょう!


以上を気をつけることによって
転倒する可能性は格段に下がるみたいです。


雪国の人はみんなこうやって
歩いているのかぁぁ。


雪道のお供!靴用滑り止めとは?

雪道で滑らないために
靴の裏に装着できる、
靴用の滑り止めというのがあるようです。






こういうのを携帯しておくのも良いかもしれません。
多少ビジュアルに難がある気もしますが、
コレをつけているだけでかなり滑りにくくなるみたいです。


長靴を一足買っておくよりも、
携帯・付け替えができる分いいかもしれませんね。


母にもあとで教えてあげるとします^^



Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 注射器
  2. 牛乳
  3. ウィルス
  4. 鏡餅
  5. 不快感
  6. 米俵
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link


おすすめカテゴリー記事

  1. 冬の妊婦
  2. 注射器
  3. 不快感

一息迷路

ちょっとオセロタイム