山中大地の経歴とプロフィール!長野高専卒業の理系!?出身地は?

この記事は2分で読めます


スピードスケート男子1000mで
ソチオリンピックに出場する山中大地選手

史上初の五輪三連覇を目指すS.デービス(アメリカ)や
500mですでに金メダルをとっており、2冠を目指すM.ムルダー(オランダ)たち
強豪がひしめく中、メダルを狙います。


そんな山中選手なのですが、経歴が異色すぎると話題になっています。


Sponsored Link






山中大地選手のプロフィール

まずはプロフィールからみていきましょう。

山中大地

生年月日:1990年5月1日
年齢:23歳
身長:177cm
体重:75kg
出生地:長野県川上村
出身校:長野工業高等専門学校
所属:株式会社電算
出場種目:1000m


長野県川上村出身

山中選手は人口3,980人、人口密度19人/km²の
(東京都世田谷区の人口は892,214人、人口密度は15,362人/km²)
本当に小さな村の出身です。


この、小さな村から、オリンピック選手がでたということで
地元の川上村は大いに盛り上がっているようです。


村の期待を背負って頑張ってほしいものです!


長野高専出身の理系!?

また、山中選手はアスリートの中では
異色の高専出身です。


長野高専の電子情報工学科で
コンピュータに関する
バリバリ理系の勉強に励んでいたようです。


中学時代に長距離で全国トップクラス
になったのですが強豪校へは進まず
電子情報の勉強に励む道を選んだ山中選手、


「大会2日前でも徹夜でレポートを仕上げる生活だった」
とコーチが語るほど忙しい日々でしたが
それでも高校総体で1000m、1500m
で二冠を達成したようです。


また、現在の所属は「電算」という
システム開発を主な事業とする会社に所属しており
ここでも「理系」の色がでているようです。


僕も現在理系の大学生で、
情報系の勉強に没頭しているので
個人的にかなりの親近感を覚えてしまいますね笑


小平奈緒の練習相手だった山中選手

実は山中選手は女子短距離スピードスケートのエースである
小平奈緒選手(27)の練習相手をずっとつとめていたんですね。
小平

氷上で小平選手を先導したり、
小平選手に触発され、練習メニューを真似ていくうちに

徐々に才能が開花していった、というわけです。


山中選手の成績と記録

では、山中選手の記録と成績はどうなっているのでしょうか。
山中選手の主な成績は

2013年 全日本スピードスケート距離別選手権大会 1000m 1位
2011年 全日本スピードスケート距離別選手権大会 1000m 4位

ベストタイムは
500m   35.56
1000m 1.09.17
1500m 1.45.94 です。


また、男子1000mのソチ冬季五輪代表選考会では
日本のエース・長島圭一郎選手らを抑えて優勝し、
今回のオリンピックの出場権を手に入れました。




アスリートとして異色の経歴に注目が集まる
山中選手、是非実力を発揮して、メダルを狙ってほしいものです!!

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 山田知輝
  2. 小関水泳
  3. 川又堅碁
  4. 長野美香
  5. 早慶戦チアポスター
  6. 三浦豪太
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link


おすすめカテゴリー記事

  1. 武藤嘉紀
  2. 早慶戦チアポスター
  3. 吉村真晴

一息迷路

ちょっとオセロタイム