4月3日が桃の節句(ひな祭り)な地域と三月三日ではない理由

この記事は2分で読めます


みなさん、もうすぐひな祭りですね!


スーパーなどでひなあられや甘酒が売っていたり、
それに合わせて催事コーナーが
なんか全体的にピンク色になっていたりしている

Sponsored Link




ところを通ると、なんだか華やかな気分になれます。


成人男子独身のぼくには、
当然子供もおらず、
あまり関係ない行事といえばそうなんですけど笑



ところで、桃の節句は3月3日で
その日に雛祭りをする、
というのが一般的ですが、
実は桃の節句を4月3日に行う地域があるのを
ご存知でしょうか?



僕が子供の頃住んでいた地域などもそうでした。


「節句」って結構キッチリと決められていそうな
イメージがあるんですけど、
どうしてズレが生じるのでしょうか?
気になって調べてみたんで、書き留めておきますね!


桃の節句が四月三日である理由

非亜祭り

桃の節句(雛祭り)は元々、
和暦の3月の節句である、
3月3日に行われていました。



日本は昔、一年の日付を数えるのに
この「和暦」を採用していたのですが、
明治6年に現在も採用している「新暦」
に変更したんですね。



「和暦」(太陰太陽暦)と「新暦」(グレゴリオ暦)
にどのような違いがあるのかというと、
まぁ、単純に1ヶ月ズレているという認識でオッケーです笑
詳しくはググってみてください笑


つまり、「和暦」での3月3日は
「新暦」での4月3日にあたるわけです。



明治の改暦をきっかけに、
日本の多くの地域では時期をズラして
「新暦」の三月三日を桃の節句とし、
雛祭りを行うことにしたのですが、


一部の地域だけは時期をズラすことはせずに
桃の節句(ひなまつり)の日付の方を
ズラしたんですね。



そういう訳で、日本の中でも
地域によって雛祭りの日の違いが生まれたんです。


ちなみに「桃の節句」という名前の由来は
「和暦」の頃の3月3日(今の4月3日)
が桃の花が咲く頃だったからだそうです。



そう考えると、今4月3日に雛祭りをしている
地域の方が、何となく理屈的には正しそうな気もしますけどね笑


桃の節句(雛祭り)を四月三日にする地域

では、日本でどの程度の地域が
4月3日に雛祭りを行うのでしょうか?


調べてみたところ、
新潟県、山梨県、静岡県、岐阜県、京都府
奈良県、岡山県、愛媛県、鹿児島県

などがそうのようですね。


これらの県の中でも、
3月3日に雛祭りを行う地域もあるとは思いますが、
少なくともこれらの県については、
4月3日に雛祭りを行う地域があるようです。


ちなみにぼくの住んでいた地域では
3月3日にひな人形をだして、
4月3日にしまう、という感じでやっていました。


また、スーパーなどでも、4月3日までは
雛祭りのコーナーがありましたねー。


なんにせよ、
自分の楽しめる範囲で楽しめばいいのかな、
とは思ってしまいます笑



Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. マラソン
  2. 郵便受け
  3. youtube
  4. マラソン
  5. サンタ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link


おすすめカテゴリー記事

  1. youtube
  2. フォトショマツコ
  3. 非亜祭り

一息迷路

ちょっとオセロタイム