大学のサークル新歓でぼっちを回避する方法!1人で参加しても大丈夫?[新歓とは編]

この記事は2分で読めます


新大学生の皆さん!
新しい環境に身を置くことに
ワクワク半分、不安半分でいることかと思います。


大学の新学期といえば、
やはりサークルの新入生歓迎会です!
いわゆる「新歓」てやつですね!


今回はこの「新歓」についてと
「新歓」でぼっちを回避する方法について
書いていこうと思います!
僕は現役の某K大生なので、


Sponsored Link




それなりに皆さんのお役に立てると思います!


大学での「新歓」の位置づけ

多くの人にとって大学での
メインコミュニティになるサークル。
そのほとんどが一度に参加するこの「新歓」は、
皆さんにとって大学生活の一番始めにやってきます。


皆さんにとっては意外なことかもしれませんが、
多くの大学生にとって「新歓」は学園祭以上の
ビッグイベントです。
学園祭の来場者数が日本一だとか言われている
僕の通う某K大ですら例外ではありません。
同じか、それ以上です。
僕の所属するサークルでは
学園祭と新歓が2大イベントです。


ネットでは
「大学でぼっちになることは死をイミする」
などとまことしやかに語られているくらいですので
(さすがに大げさではありますが笑)
確かに大学生活において
「友達」の存在は大きいです。
そしてその友達をつくる最大のチャンスは
この「新歓」であると行っても過言ではありません。


なぜなら大学という場所は高校までと違って、
毎日同じ教室に同じ人が集まったりはしないので、
(自分と授業が全てかぶっている人というのは、基本的にはいません。)
「自然に仲良くなる」チャンスが意外にも少ないのです。
自分の居場所は、自分で作っていかなければなりません。


そういう意味で、「新歓」唯一最大の
「友達作りの場」ともいえます。


サークル側からみた「新歓」

そして、サークル側も1年生を集めるのに必死です。
自分がいる環境に、面白い人に入っきてほしいと
思うのは、自然なことですよね。
また、入ってくる人があまりにも少ないと、
来年、再来年の新歓のときに
「このサークルは面白くないところなのかな・・・」
などとそのときの新入生に思われてしまい、
また新入生が入ってこないという
負のループに陥ってしまいます。


そうなってしまうと、どんどんサークルが
つまらないところになっていってしまうので、
サークルの先輩たちも、
頑張って新入生を勧誘しようと頑張るわけですね。


時には異常な程に熱心に誘ってくる人もいるので
不審に思ってしまうかもしれませんが、
先輩も、自分のためにやっていることなんです。
熱心になってしまうのは自然なことなんですね。


新歓でぼっちにならないためには

さて、いよいよ新歓でぼっちにならないために
どのように立ち回ればいいのか?
という不安を解決していこうと思います。


まず、入学式の付近では、「新歓期間」なるものが
大抵2〜4日間くらい設けられており、
ここでは、キャンパス内では人がごった返し、
新入生の勧誘のために先輩たちが
片っ端からビラやポスターを配っており、
入学式やガイダンスなどがありつつも
それらは大抵1時間くらいで終わってしまいます。


ここで重要なのは、2点。


・ビラを配られたら笑顔で片っ端から貰い、よっぽど興味のないものでない
 限り、話を聞いてみること。
・ガイダンスなどが終わってもすぐに帰宅せずにキャンパスを
 ウロウロして積極的に声を掛けられること。


です。


この続きは
大学のサークル新歓でぼっちを回避する方法!1人で参加しても大丈夫?[キャンパス編]
をご覧ください。


Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ピースボート
  2. テレビ
  3. フォトショマツコ
  4. マラソン
  5. パソコン
  6. トロフィー
  1. この記事へのコメントはありません。

Sponsored Link


おすすめカテゴリー記事

  1. youtube
  2. フォトショマツコ
  3. 非亜祭り

一息迷路

ちょっとオセロタイム