三浦豪太は医学博士!?ソチスキークロス等の解説がアツ面白いと話題に!

この記事は3分で読めます


ソチの男子スキークロス解説者の三浦豪太さんが
松岡修造さんバリのアツさで面白過ぎると話題になっています!





もっとも話題となっているのはこの解説ですね笑


動画がなくって残念なのですが、
この解説を聞く限りこの人のアツさ、面白さは伝わってくると思います笑


Sponsored Link






また、今回のソチオリンピックでは、
“知りすぎた解説者”としても話題になっています。


“知りすぎた”というのはどういうことかというと、
「この女性選手はソチオリンピックに出場している選手の中でイチバン体重が重い」
だとか
「この選手は練習後必ず洗濯をして服を畳んでから、家に帰る几帳面さ」
だとか
「この選手は今まで一回もコーヒーを飲んだことがないため、”違い”が分かるのかどうか分からない」
だとか笑


本当にスキーの世界にいる人にしか分からないような情報を
アツく軽快にジョークを交えながら話してくれます笑


そんな三浦豪太さん、一体どのような人なのでしょうか?


三浦豪太のプロフィール


三浦豪太

名前:三浦豪太(みうらごうた)
生年月日:1969年8月10日(45歳)
職業:プロスキーヤー・登山家・解説者
卒業大学:ユタ大学(アメリカ)
出身地:神奈川県鎌倉市
五輪出場経験:リレハンメルオリンピック・長野オリンピック
五輪出場種目:男子モーグル
結婚:既婚


これ以外にも三浦豪太さんには特筆すべき事項が
たくさんあります。
いろいろな活動をしている方なので、少しずつまとめていきますね!

登山家としての三浦豪太


登山家でプロスキーヤー、ときいてピンときた方もいらっしゃるかと思いますが、
三浦豪太さんは、同じく登山家でプロスキーヤーとして
著名な、三浦雄一郎さんの息子です。
また、祖父の三浦敬三さんも日本で有名な山岳スキーヤー
ということで、家庭環境がすでに山岳×スキーだったわけですね。
豪太さんの息子の名前は、祖父と父から一文字ずつとって、「雄豪」君というらしいです。


登山家としての主な経歴としては、
11歳でアフリカキリマンジャロを最年少で登頂。
33歳でヒマラヤチョ・オユー登頂。
34歳で世界最高峰エベレスト登頂。
などで、
日本人でエベレスト親子同時登頂したのは三浦さん親子が初だそうです。


三浦豪太の学歴

三浦豪太さんは日本人としては
少し特殊な学歴の持ち主です。


まず、中学生の頃からアメリカへ留学し、
そのまま大学まで進学します。
卒業大学は「ユタ大学」という名門です。
大学世界ランキングでは250位くらいと
日本の早稲田大学、慶応大学よりちょっと上
といったところです。

日本では順天堂大学で医学の博士号を取得しています。


スポーツだけではなく、学問の分野に置いてもかなり長けているんですねー。
博士学位持ちのオリンピック選手なんてなかなかいないのではないでしょうか。


三浦豪太のその他の肩書き

三浦さんは他にも沢山の肩書きを持っています。
東京都老人科学研究所研究員、国士舘大学ハイテクリサーチセンター研究員
などですね。


名前を聞いただけではちょっと
どんなものなのか分かりませんが、
加齢制御医学や、老人科学、などは学生時から専門に研究してきた分野のようです。


解説者としての三浦豪太

今回のソチオリンピックでは、
スキークロスのみならず、モーグルその他の
スキー競技全般の解説をしていた三浦さん。
今回は上村愛子さんの解説でも話題になっていました。


三浦さんの解説を聞いて僕が思い浮かべたのは、
松岡修造さんもそうなのですが、


なんというか、アメリカのスポーツ実況
みたいだなーってことなんです。



日本ではスポーツの実況、解説というと、
応援しながら選手の、その競技に関する
プロフィールなどの説明と、
戦術や技の解説を行うのが、普通です。


あくまで「聞きやすく」「偏りすぎないように」
って感じですね。


しかし、これはアメリカの人などが聞くと
少し淡白に聞こえてしまいます。



なぜなら、アメリカのスポーツの実況、解説は
ある程度の節度はあるものの、
コメディアンみたいな感じで、
日本人が聞くと、
「それ、競技と関係ないだろ!!」
みたいなどーでもいいことを
ジョークを交えて言いまくるスタイル
がスタンダードです。


きっと、三浦豪太さんの解説スタイルは
アメリカでの生活が長かったことの影響が
色濃くでているんじゃないかなー
、と思います。
楽しんでみれて、凄く面白いです!

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. チア佐野日大
  2. 小関水泳
  3. オリンピック
  4. 早慶戦チアポスター
  5. J3ロゴ
  6. 森川陽太郎
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link


おすすめカテゴリー記事

  1. 武藤嘉紀
  2. 早慶戦チアポスター
  3. 吉村真晴

一息迷路

ちょっとオセロタイム