コナンの図書館殺人事件の内容ネタバレ!再放送の理由は話題の彼!

この記事は2分で読めます


大人気アニメの「名探偵コナン」の中でも
大人気の回として大きな反響を読んでいた
「図書館殺人事件」の回が
3/15にデジタルリマスター版として
再放送されることが決定しました!



Sponsored Link





この回は漫画単行本だと第10巻、
アニメだとfile50に相当する回で、
コナンの中でもとくにドキドキハラハラ
が凄い回として知られており、
10年以上前の作品であるにもかかわらず、
いまだにネット上にもファンがたえません。


どうして今再放送?

今回、この回の再放送が決定したのには
実は理由があるという風にいわれています。


それは、この回の登場人物である
津川館長という人物を演じていたのが、
先日お亡くなりになり、
サザエさんの波平の声も担当していた、
故・永井一郎氏の名演技が光る回だったからだといいます。


ぼくは特にコナン好きという訳では
ないのですが、当時視聴した
この回のことはよく覚えています。


この永井一郎氏が演じた津川館長が異様に
怖かったからなんでしょうねーー、今考えると。


図書館殺人事件の内容とネタバレ

さて、僕が覚えている内容をもとに、
ざっと図書館殺人事件の内容を
ネタバレしていこうかな、と思います。

この回はコナン君、ゲンタ、歩ちゃん、光彦達
「少年探偵団」の活躍により犯人の津川館長を
懲らしめる、というストーリーです。


少年探偵団が図書館に行っていると
その図書館での従業員が行方不明に
なっていることが判明!


図書館にその死体が隠されていると読んだ
コナン達少年探偵団は
夜閉館後に、その死体を探しに再び図書館にいきます。


すると、図書館には津川館長がいて、
彼の行動により、犯人が、彼、津川館長であった
ことが分かります。


その後の少年探偵団による調査に
より、津川館長が麻薬の密輸を行っており
その麻薬の隠し場所が図書館であったこと、
被害者はそれを見つけてしまったため、
口封じのために殺されてしまったことなどが明らかになりました。


少年探偵団は
麻薬の隠し場所が図書館の本棚の
ダミーの本の中だったり、
死体の隠し場所がエレベーターの上
であったりしたことを次々と
解き明かしていきます。


ついに津川館長に見つかってしまう、
少年探偵団ですが、機転をきかせて
図書館内を逃げ回り、
最後には津川館長の裏をかいて、
津川館長を本棚の下敷きにしてしまいます。


確か本棚でドミノ倒ししていたような・・・。


そこで警察に連絡して、めでたく犯人逮捕・・・
みたいな感じだっったと記憶しています。。


そして確かこの回には、
コナン君がお酒を飲んで
元の体に戻ろうとするシーン
があったように思うんですけど、
これが、今と昔での規制の違いに
引っかからないのかが問題になっていますねーー。


「コナン君は見た目は子供だけど頭脳は大人なんだから
お酒を飲んでもいいんじゃないのか」とも一瞬思いましたが、
「頭脳は大人」ってったって
新一君も高校生ですからね笑
やっぱりダメでしょう笑



Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. テレビ
  2. 内田嶺衣奈7
  3. セーラーゾンビ
  4. 牧野真莉愛
  5. 佐藤彩香
  6. 石川恋2
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2014年 3月16日
  2. 2014年 3月17日
  3. 2014年 3月17日

Sponsored Link


おすすめカテゴリー記事

  1. おぼっちゃん
  2. にながわみか
  3. 松井珠理奈母親共演CM

一息迷路

ちょっとオセロタイム